絵具、絵画材料のホルベイン

TOP > ニュースリリース > 「Le Stelline ステッリーネ / ちいさな星たち」

「Le Stelline ステッリーネ / ちいさな星たち」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Le Stelline ステッリーネ / ちいさな星たち」

ホルベインギャラリーでは、イタリアで活躍する現代作家 山本浩二さんの下で絵画を学ぶ19名グループ展を行います。ぜひご覧ください。

本展は、絵を真剣に学ぶひとたちの展覧会です。その背景には、近世から近代に至る美術史の中で培われた造形意識があります。「真剣に描く」とは、消費的に流行を追ったり、盲目的に古典を崇拝することではなく、増してや狭い知識で「型」を決めつけて描くようなことをしないで真摯に自分の目で対象を見極めるということです。私はそのことの大切さ、大げさに言えば真実を解説し、理解を促しているに過ぎません。絵は科学であり、人はみな歴史の子どもなのです。

 作品にあふれる美しさは、すべて作者の目と認識を通して描かれたものです。 真実を伝えるために、教える立場に立つ者は、自分の好みではなく、残された名作に共通して流れている知の存在を彼らに語らなければいけません。ヨーロッパのルネッサンス、日本の鎌倉・室町、あるいは中国の宋以降、平面表現に於ける人の意識は大きく変化して来ました。ダヴィンチ、ヴェラスケス、マチス、雪舟、宗達、そして中国の李成、范寛。私たちは彼らの後の時代を生きているのです。私たちは親しみ、友人となり、尊敬を持って彼らの意識に遡り、ふたたび現代の自分に戻って来て、1枚の絵を描かなければいけないと思います。

 オリジナルな様式に至っていないという意味で、作品は全て習作です。しかし、多様な世代に渡る彼らが、美術のプロの道を歩んでいないに拘らず、これほどの表現が出来るということに、人間の存在の大きな可能性を感じます。

 私たちは皆、歴史の子どもです。「ステッリーネ(イタリア語=ちいさな星たち)」というのはそういう意味でつけられた展覧会のタイトルです。彼らの作品に知的な高揚を感じる時、その感動は、彼らの中に刻まれた歴史の証拠に他なりません。

2018年5月1日
山本浩二

 

【日程】
2018年6月25日(月)~6月30日(土)

 

【時間】
11:00〜18:00(※最終日は16:00までです。)

 

【場所】
ホルベイン ギャラリー
〒542-0064
大阪市中央区上汐2丁目2番5号

 

【アクセス】
●地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目」駅から徒歩3分
●近鉄大阪線「大阪上本町」駅から徒歩3分

 

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加