絵具、絵画材料のホルベイン

会社情報 > ブランドストーリー > ホルベインの歩み

COME A LONG WAYホルベインの歩み

1900年の設立以来、ホルベインでは100年以上にわたり、様々な製品を生み出してきました。設立からの出来事を「ホルベイン」「ホルベイン工業」「ホルベイン画材」にわけて紹介していきます。

スクロールで図全体をご覧いただけます。

西暦 和暦 ホルベインの
出来事
ホルベイン工業の
製品
ホルベイン画材の
製品
1900 明治33年 吉村峰吉、大阪市北区中之島に文房具・事務用品・洋画材料の問屋として吉村峰吉商店を設立。   「大学ノート」開発発売、後に文具メーカーに商標移譲。
1913 大正2年 吉村峰吉商店、大阪府中河内郡小阪村にて洋画材料(キャンバス・金属画材品・スケッチ箱・木枠など)の製造に着手。    
1914 大正3年      
1923 大正12年      
1924 大正13年 吉村峰吉商店を合名会社吉村洋画材料店に組織を改める。    
1931 昭和6年      
1933 昭和8年 ホルベイン洋画材料研究所を設立。 諸外国の絵具等を分析研究し、それまで販売していた「桜木絵具」を改良した「ヴェルネ油絵具」として発売。  
1934 昭和9年 北米ロサンゼルス市に支店開設。    
1937 昭和12年 ロサンゼルス支店閉鎖。    
1941 昭和16年 中国上海市に絵具工場を建設。
上海市豊祥路にてヴェルネ油絵具を「万麗透牌」と訳し商標登録。しかし工場は稼働前に戦争により焼失。
   
1945 昭和20年 大阪中之島の社屋焼失。事業中断。    
1946 昭和21年 ホルベイン工業株式会社設立。大阪布施市上小阪にて絵具他関連商品の製造を開始。創立時の従業員は7名。絵具以外の画材の製造・卸会社「紀峰洋行」設立。(後のホルベイン画材(株) ホルベイン絵具製造開始。油絵具62色、画用液13種、水彩絵具47色。  
1951 昭和26年 ホルベイン画材株式会社設立。 習作用「バイロン油絵具」発売。  
1952 昭和27年 ホルベイン画材・工業共同で新宿区市ヶ谷に東京出張所を開設。ホルベイン画材では海外輸出のため貿易部を再開する。    
1953 昭和28年      
1955 昭和30年      
1956 昭和31年   調合溶き油「ペンチングオイル」開発、製法特許。 写生用簡易模写器「カメラルシーダ」開発。
1957 昭和32年   油絵用「透明メディウム」開発、製法特許。  
1958 昭和33年 「日本洋画材料卸業者協議会」設立、発起人メンバー。    
1959 昭和34年 ホルベイン画布株式会社設立。    
1960 昭和35年 額縁・輸出用サッピツ・モデル人形などを製造する「造形美術」(ホルベイン・アート(株))を設立。    
1961 昭和37年 油絵具の軽量化と油漏れ対策として、キャップを鉛から樹脂製に変更。 習作用油絵具「バイロン」製造中止、「ホルベインデコラティブオイルカラー」として新たに発売。  
1962 昭和38年 東京豊島区大塚に画材の東京営業所新築。    
1962 昭和37年 英国「レトラセット社」の日本総代理店となり、レタリングを発売。 油絵具ホワイトを改良、乾燥を早くし黄変をなくす研究の結果「ネオジンクホワイト」を発売。  
1963 昭和38年 ホルベイン工業単独の営業所として東京営業所を新宿から練馬区豊玉に移転。    
1964 昭和39年      
1966 昭和41年 東大阪市横小路町に工場建設(現・枚岡北工場)「レトラセット・ジャパン社設立。    
1967 昭和42年 ホルベイン登録店制度開始。    
1968 昭和43年 工業東京営業所を画材営業所の豊島区東池袋に移転。   野外イーゼル頭部金具開発「パーフェクトシリーズ」発売。
1969 昭和44年   液状油絵具「ハイラックカラー」発売(その後製造中止)。 デザイン用「イラストマーカー」発売。ホルベインアートにて高級型額製造。アルミSUボックス開発。
1970 昭和45年 画材の東京営業所を駒込に新築移転。東池袋事務所は工業東京営業所に。
  • 油絵具の完全透明色「透明カラー」発売。
  • 「ドローイングインク」発売。
スケッチ箱のイーゼル取付金具「SU金具」開発。
1971 昭和46年   アクリル樹脂絵具「アクリラ」発売。 簡易筆洗器「ネオクリーナー」開発発売。
1972 昭和47年 枚岡南工場完成、練成部門を本社工場から移転し、技術部門も充実させた本格的な絵具研究体制が整う。 世界の高価な顔料を集め「GL(ギャランティード)油絵具」発売。  
1973 昭和48年 第九次増資に伴い株式公開。    
1974 昭和49年 韓国「新韓画具社」への技術指導開始。   レトラセット・ジャパン社独立移譲。
1976 昭和51年
  • 北米代理店ホッパー コッシ社とホルベイン画材との合弁によるHK・HOLBEIN社設立。
  • 全米画材見本市NAMTAに初出展。
  • 顔料シリーズ発売。
  • 不透明水彩絵具「アーチストガッシュ」発売。
  • アクリル樹脂絵具「アクリラ」増色・増種・改良。
英国W&N社国内総代理店をマルマン(株)に移譲。
1977 昭和52年     マクソン レタリング開発。
1979 昭和54年     「リセーブル ナイロン画筆」発売。
1981 昭和56年      
1982 昭和57年  
  • 専門家用油絵具9号サイズ全色製品化。
  • 油絵具「パーマネントホワイト」発売。
  • 固形水彩絵具「ケーキカラー」発売。
 
1984 昭和59年   エアーブラシ向きの液状アクリル絵具「エアロフラッシュ」発売。
  • マックスラボ(カラーイメージシステム)発売。
  • 英国ワットマン社日本代理店となり水彩紙新発売。
1985 昭和60年 枚岡の二工場を増築。 「アーチストソフトパステル」発売。  
1986 昭和61年 ホルベイン・スカラシップ(奨学制度)開始。    
1987 昭和62年   アクリル樹脂絵具「アクリラデザイナーズガッシュ」発売、初めてラミネートチューブを採用。  
1988 昭和63年   アクリラジェッソ発売、高級溶き油「スペシャルシリーズ」発売。 「マクソン ツインマーカー」発売。
1989 平成元年 本社工場増築    
1990 平成2年 池島工場新設 画材本社火災による被災。
  • 「アーチストオイルパステル」発売。
  • 「ビッグソフトパステル」発売。
  • 油絵具「セラミックホワイト」。
  • 「クイックドライングホワイト」発売。
顔料マーカー「アクアツインマーカー」開発発売。
1991 平成3年 油圧式高速ロールとラムプレスを導入、全自動の練成作業開始。   東京に「エレクトロニック・デザイン部」新設、雑誌「ステップバイステップ」発刊。
1993 平成5年   「アーチスト色鉛筆」発売。  
1994 平成6年   水可溶性油絵具「デュオ」発売。 米国ストラスモア社日本代理店となり水彩紙発売。
1995 平成7年 奈良県北葛城郡(現葛城市)に奈良工場新設、油絵具関係の生産拠点とする。 専門家用油絵具「ニューコンセプト」としてリニューアル。  
1999 平成11年 創業100周年を迎える。    
2000 平成12年 兵庫県丹波市に物流センター開設。    
2003 平成15年 奨学制度「ホルベインスカラシップ」メセナ大賞(新世代支援賞)受賞。   ドイツ、サンフォード社のロットリング製品日本総代理店となる。
2004 平成16年     スイス、カランダッシュ社製品(画材)日本総代理店となる。
2005 平成17年 画材、九州営業所移転。    
2006 平成18年 画材、東京営業所移転。    
2007 平成19年   東京藝術大学との産学協同研究による油絵具「油一」発売。  
2008 平成20年   水可溶性油絵具「デュオ」改良、リニューアル発売。  
2009 平成21年   固形水彩絵具「アーチストパンカラー」発売。 アメリカ、カラーフィン社のパンパステル製品日本総代理店となる。
2010 平成22年   高品位油絵具「ヴェルネ」発売。  
2011 平成23年 工業、枚岡工場東に新たに物流センターを新設、ホルベイン工業本社から倉庫・物流部門を移転。   アメリカ、プリンストン社のカタリスト製品日本総代理店となる。
2012 平成24年      
2013 平成25年
  • 画材、東京営業所移転。(工業東京営業所内)
  • 工業、本社移転。(画材本社社屋内)
  • 大阪本社にショールームを併設。
アクリル樹脂絵具「アクリリックカラー ヘビーボディ」発売。  
2014 平成26年 大阪本社にギャラリーを併設。 低粘度アクリル樹脂絵具「アクリリックカラー フルイド」発売。  
2016 平成28年 韓国、ソウルにホルベイン・コリアを設立。 液状アクリル樹脂絵具「アクリリック インク」発売。 ドイツ、ダヴィンチ社製品日本総代理店となる。
2017 平成29年 画材、九州営業所閉鎖。