HOME > 商品情報 > 画筆・筆用品

画筆・筆用品

画家の技法が千差万別であるように、画筆も用いられる毛の種類、形状など多くのタイプがあります。また、その評価も使用する画家の技法によって細かく分かれます。
いづれにしても、その微妙な要望を幅広く満たす画筆づくりは、長い歴史に培われた職人の手作りによるものが最良とされています。

TIPS~まめ知識

 

油絵画筆 硬毛

油絵画筆は豚毛に代表されます。油絵具は水彩絵具と異なり、独特の粘りがありますので、絵具を塗り込み盛り上げるために、弾力が強く、耐久性のある豚毛が良く使われます。

油絵画筆 硬毛デジタルカタログ

先薄に作ってあるので絵具離れがよい筆です。使い勝手がよく、描き込み、仕上げ用に向いています。

 

最高級豚毛Xシリーズの原毛と晒(さらし)の違い

●晒の違いは、「色」と「キューティクル」

日本晒(2000倍)/アメ色  
日本晒(2000倍)/アメ色
豚毛の原毛は寒冷地の中国重慶産のものが最良とされています。この原毛を皮に付いたまま輸入し、国内で晒し、精毛したものが日本晒です。絵具含みの良さは細かい枝毛を残していること、しなやかで強い弾力は毛のキューティクルが傷んでいないからです。このような原毛は今では稀少で貴重なものになっており、ホルベインではXシリーズのみに使用されています。
中国晒(2000倍)/白っぽい  
中国晒(2000倍)/白っぽい
中国で精毛された豚毛です。晒が強く白っぽい毛で枝毛が少なく、キューティクルが浮き上がってはく離しています。通常、日本晒が入手難のため一般的に専門家用として使用されており、ホルベインではKFシリーズなどに使用されます。
中国ボイル(2000倍)/黄黒い  
中国ボイル(2000倍)/黄黒い
中国で長時間ボイルされて、精毛された原毛で、黄黒い色をしており、天然の毛グセはなくなっています。枝毛も少なく、キューティクルもほとんど残っていません。安価で多量に出回っており、普及品としてホルベインではKCシリーズに使用されています。
 

Xシリーズ豚毛筆

 
 

ELシリーズ

 
しなやかな弾力・マイルドな描画感の画筆です。
 

KINBUTAシリーズ

 
ゴールドをイメージした、黄金の豚毛画筆です。
穂先もゴールドに染色を施しており、通常の豚毛画筆よりもやや柔らかい毛腰です。
 

KMシリーズ

 
KMシリーズは、多様な穂先の形状が揃う豚毛筆です。
穂先の形状に合わせて印字色を変え、機能的で素敵な存在感を持たせています。
 

Kシリーズ

 
豚毛の普及品。豚毛には油絵独特の粘りに負けない弾力と耐久性があります。下塗りから仕上げまで幅広く使用できます。
 

BGシリーズ

 
ウォーターバジャー原毛を使用した中硬毛の天然原毛画筆です。
 

硬毛 刷毛

 
下塗り、大作用に適しています。