絵具、絵画材料のホルベイン

TOP > ニュースリリース > 色材の解剖学④ 画用液の基本

色材の解剖学④ 画用液の基本

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色材の解剖学では、色材に関する基本知識から専門的な内容まで制作に役立つさまざまな情報をご紹介します。

 

画用液を使いこなす

画用液の種類と特長

画用液というとペンチング オイルがポピュラーです。なぜならそれひとつあれば油絵が描けてしまうからです。しかし、ペンチング オイルだけが画用液ではありません。丈夫で美しい油絵を仕上げるために、画家たちはさまざまな画用液を使いこなしてきました。まず、画用液の種類と役割、特色を紹介しましょう。

●乾性油(固着剤)

リンシード オイルやポピー オイルが代表的な乾性油です。
油絵具の顔料をキャンバスに定着させる糊の役割をします。大気中の酸素と反応して固化するため、体積が減らないのが特色です。
難点は反応速度がきわめて遅いこと。油絵具の乾燥に時間がかかるのはそのためです。乾性油は油絵具に加えることで、固着力と艶、透明度を上げ、作品を丈夫なものにします。

●揮発性油(溶剤)

油絵具の薄め液で、ターペンタイン(テレビン油)、ペトロールなどがあります。
時間とともに空気中に揮散し、画面には残りません。油絵具だけでなく、他の画溶液を薄めるのにも使います。

●その他の助剤

絵具に光沢を与えるワニス、油絵具の乾燥を促進させるシッカチフなどがあります。
ペンチング オイルは乾性油、揮発性油、ワニス、乾燥促進剤をあらかじめ調合した画用液(調合溶き油)です。役割の異なる画用液を混合する手間が省け、平均的な性能を発揮します。さらに艶のある画面にしたり、さらさらに油絵具を使いたいなど表現の幅を広げたければ、プロセスや技法に応じてそれぞれの画用液を使い分けます。


画用液の使い方

表現の幅を広げるためにも知っておかなければならないのが、以下に述べる画用液の基本的な使い方です。基本を無視すれば、後日絵具が剥がれるなど事故にもつながりかねません。気をつけましょう。

油彩画の手順と画面の状態
●下塗り

最初はペトロールやターペンタインなどの揮発性油だけで油絵具を溶いて、薄く色づけします。揮発性油は空気中に揮散し、乾くと何も残らない油なので画面はカサカサした感じになりますが、これで上に用いられる絵具を吸収する素地が整ったことになります。

油彩画の手順と画面の状態
●中塗り

描き込むに従って、乾性油のリンシード オイルやポピー オイルなどを揮発性油に少しずつ混ぜてゆきます。最初に乾性油を薄くするのは、下塗りでできた隙間に油絵具を浸み込ませ、しっかりと固着させるためです。
また、乾性油は乾いても体積がほとんど減らないので、中層にも顔料を定着させる理想的な糊剤の層ができたことになります。

油彩画の手順と画面の状態
●仕上げ

乾性油の割合をさらに上げていきます。最後は乾性油の量を揮発性油よりも多くして仕上げると、艶と透明感のある堅牢な画面ができあがります。
丈夫で美しい油絵作品に仕上げるための原則は、『下塗りは糊分となる乾性油を少なく、描き進むに従って乾性油の量を増やす』こと。この基本さえしっかり守れば、途中でパンドルなど艶出しワニスを加えたり、ペンチング オイルをベースに各種画用液を混合するなど応用をきかせて、より幅広い表現にチャレンジすることができます。



色材の解剖学は順次資料室へ収録していきます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加