絵具、絵画材料のホルベイン

TOP > 会社情報 > ブランドストーリー > 「挑戦」更なる発展を目指して

CHALLENGING「挑戦」更なる発展を目指して

なる発展を目指して

自社開発のはじまり

ホルベインでは、油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため使用顔料はゆうに200種類を超えている。
例えば、同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使う。 塗料メーカーも含めてこれだけ多くの顔料を扱っているメーカーは他にないのではないだろうか。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきた歴史の産物以外の何者でもない。 1900年、吉村峯吉が創業したときの事業は文具の卸・小売。絵具に携わりだしたのは娘婿の清原定謙に代がわりしてからのことである。
それまでも国内メーカーの絵具を販売していたが、自社でもつくりたいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設、その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材を設立した。

ホルベイン工業創立当時の本社事務所。

試行錯誤の絵具作り

絵具作りには顔料と糊剤が必要だ。水彩絵具に使う糊剤は長年経過しても劣化しないアラビアゴムを使うが、当時はまだ物資不足の時代。政府から配給で配られた水あめで代用した時期もあったという。
その後も、油絵具が時間の経過とともにこんにゃく状に固まってしまうゲル化に悩まされ、返品された絵具を土に埋めるための穴掘り作業に追われたこともあったほど。
清原は研究開発に没頭する一方で、画家サークルの支援にも注力し、画家の生の声を拾い集めては商品開発に生かした。
試行錯誤を繰り返しながら徐々に高級絵具としての地位を確立していったのである。

美術雑誌「みづゑ」に掲載された広告。
ヴェルネには油絵具の他に水彩絵具もあった。

新時代の油絵具

2002年に東京藝術大学から「理想的な絵具を一緒に研究したい」という話が舞い込んできた。それまでホルベインでは、きれいな色を出す発色性、時間が経過しても割れない堅牢性、中で成分が分離しない安定性をはじめ「すべての人の満足に応えようと商品開発をしてきた」。だが、藝大側から出された要望は二つ。「発色性」と、かすれないようにする「筆の伸び」。
産学共同で完成した商品「油一(ゆいち)」は多くの画家から高い支持を得ている。
この経験を筆やパレット、スケッチブックなどの画材商品にも生かしていく。
画材は専門性の高い商品。欲しい人にとってはなんとしてでも欲しいと思ってもらえる商品を開発していきたい。これまで築いてきたブランドに胡坐をかくことなく、これからも新たな挑戦を続けていく。

東京藝術大学 × ホルベイン工業
産学共同開発
ブランド油絵具 油一(ゆいち)